天草を満喫するためコレだけは知っておきたい事

◆天草の観光&グルメ&レジャー情報◆
天草の楽しいとこ、美味しいとこ、素敵なとこ、まとめて紹介!!
天草に行ったら、絶対行っておきたいスポット、見ておきたい絶景、食べなきゃ損する絶品グルメ。
最新イベントもお知らせします!!

catch-img

ランチも天草陶磁器も!同時に嬉しい「華紋」

華紋

地元の魚料理も食べてみたい、せっかくだから天草陶磁器もほしい!その両方を満足させてくれるありがたいお店があります。上天草の「華紋」。ご夫婦で営まれている誠実なお店で、お料理はまさに天草の味。器も窯元の逸品が並ぶこのお店。覗いていませんか?

ドライブ疲れを癒す隠れ屋

「華紋」は「藍のあまくさ村」近くの坂の途中、木々に囲まれたまさに隠れ家のようなお店です。ここは新鮮でお魚がおいしく、その上に天草の良質な陶磁器も手に入る!一石二鳥なお店。ご夫婦で長く営まれていて、店内は緑の木々に囲まれた落ち着く空間です。

天草の味をお得においしく!

毎朝新鮮な魚を仕入れ、天草らしい味付けで作られたさしみ定食や焼き魚定食。写真のレディース丼は小鉢もたくさんついてバランスもばっちり!天草名物の鯛も新鮮だからこそのしっかりした味わいです。更にうれしいのは、ランチの時間帯は珈琲のセルフサービスがあること。お値段以上の満足感です。また、天草らしい丼「ハイヤ丼」もおすすめ。いわしの産地でもある天草のいわしを蒲焼にし甘辛く味付けされた丼。まるで天草の家庭におよばれされたようですよ。

天草下島の天草陶磁器も販売

「華紋」のもう一つのおすすめポイント!それは天草の窯元からのステキな器が手に入ることです。器だけでなく、小物や布物などが並んでいます。写真の「高浜焼」は天草でも代表的な天草陶磁。天草陶石を利用した透き通るような白が特徴です。珈琲カップの海藻模様の海松紋(るみもん)江戸時代中期に描かれていた模様を復刻させたもの。「高浜焼」は窯元が天草下島の西海岸にある窯元のため、足を運ぶには距離がある。そんな時に「華紋」はとてもありがたいお店なのです。

お食事・お土産・自分使いに!

「華紋」の楽しみは食後の店内散策。窯元から集められた焼き物達はお土産にも、自分使いにも重宝するものばかり。複数の窯元からの作品があり、時間がなく窯元めぐりができない方にはうれしい場所です。布物も島らしい作品がそろえてあります。あまり宣伝を大々的に行われていないお店ですが、陶磁器がほしい方にはおすすめです!

木々に囲まれた隠れ家

「家紋」は国道266号線沿いにあります。しかし、まわりを木々にかこまれているため、落ち着いた風景。とても目の前が道路とは思えない作りです。桜、紅葉など四季折々の樹木は季節感もあります。緑に囲まれた赤い「華紋」の看板が目印。熊本市内側から松島側に向かう場合は左手のヒライのすぐ先の信号をわたり、すぐ左側です。

まとめ

天草の新鮮な魚を使った食事も楽しめ、天草陶磁などのお土産まで手に入る「華紋」。ここはあまり宣伝もされていませんが、食事と買い物両方を同時に出来る一石二鳥なお店。なによりもご夫婦で営まれているお店は、落ち着きがあり誠実です。掘り出し物の陶器がみつかるかもしれませんよ!

 

■天草の味・天草の器「華紋」
住所:869-3601 熊本県上天草市大矢野町登立双原1435-1
電話:0964-56-5065
営業時間:10:00~21:00(ランチ平日のみ 11:00~14:00)
店休日:水曜日
アクセス:バス JR三角線三角駅 九州産交バス 三角産交~船江(さんぱーる行) 車徒歩4分
車:熊本駅から1時間10分程度 松橋ICから50分程度
地図:クリックするとGoogleマップが開きます

天草野・黒猫

天草野・黒猫

天草生まれ。美味しい物、きれいな物。歴史にかかわるものが大好きです。天草のまだ知られていない魅力をお伝えします。

お問い合わせ

風光明媚な天草に、天空に浮かぶテラス・露天風呂の宿。天空の船の本サイトは「天空の船のサイトを見る」よりご覧ください。

各種お問合せは以下のフォーム又は、お電話にてお願いいたします。
ホテルに関するご質問等ございましたら「お問い合わせ」からお気軽にご連絡ください。