天草を満喫するためコレだけは知っておきたい事

◆天草の観光&グルメ&レジャー情報◆
天草の楽しいとこ、美味しいとこ、素敵なとこ、まとめて紹介!!
天草に行ったら、絶対行っておきたいスポット、見ておきたい絶景、食べなきゃ損する絶品グルメ。
最新イベントもお知らせします!!

Original

松合・白壁土蔵群がいい!不知火の港町が情緒的

熊本の港といえば、世界遺産登録されている三角西港が有名です。しかし江戸から明治まで、熊本第一の港は「松合」でした。不知火が見えることでも有名なこの町。白壁土蔵群の残る風情ある街並みで、江戸時代の港町にタイムスリップしてみませんか。

松合白壁土蔵群

ビジターセンターも美しい蔵!

世界遺産の構成資産の三角西港が注目をあびがちですが、江戸時代から明治にかけて熊本藩(肥後藩)の第一の漁港は松合でした。2005年までの町の名前は不知火町。名前のとおり不知火が見られる事でも有名な場所でもあります。この町は土蔵白壁造りでも知られていて、このビジターセンターも白壁作り。

印象的な白壁よりそう坂の町

松合町は元々は漁港と共に、酒や、醤油、味噌などの醸造業が盛んな場所でした。写真の「阿波屋」も酒造業から始まり、現在も「松合食品」として続く味噌・醤油で有名な食品会社。この地区はなぜ白壁?という疑問が湧くと思います。それは、この地域が山肌を利用した密集した地域で家事が多かったため。大家の時に白壁の建物が焼け残る事が多かった事から、土蔵作りの白壁で作られるようになったとのこと。

住人の風情がにじみ出た町

現在は人通りも少なく静か。しかし、そこここに住人のあたたかさが、にじみでています。足元をみると「とまんなっせ」。熊本の方言で、「止まってね」。足元も注目です。蟹の絵は不知火海で採れる名物の渡り蟹。町全体、驚くほど白壁が残っていて、タイムスリップしたような風情。

あ!ここは「夏目友人帳」の…

2018年公開されたアニメ「劇場版 夏目友人帳」。その中で登場した、坂が印象的な町はここ松合が舞台地といわれています。来場者特典で配布されたポストカードを手にされた方なら、この写真に歓喜される方も多いはず。民家の間のため、騒音やプライバシー保護にはご注意を!

美しい不知火海に続く町

安政2年に松合漁港が完成し、漁港として栄えた松合。入船が千艘もあったといわれる港。船を出すための潮の状態をみていた「汐見坂」など至る所に名残があります。「松合」の名前も、もともとは「潮をまつあいま」から来ているもの。海と山が接近した町、独特の景色を見つつの町歩きがおもしろい場所です。

小道と坂が作る独特の風景

せまい土地を活かした風情ある町、松合の白壁土蔵群。神社の鳥居も細い路地の間にあり、明治時代奉納の手水舎など、昔から大切にされてきた神社だということがわかります。不知火海の美しい海と寄りそう白壁の家々。行ってみるとまた訪れたくなる場所です。

まとめ

三角西港が明治の時代を思い起させるとすると、松合の白壁土蔵の町はそれ以前の江戸時代の港町の風情を残した町です。熊本の港の移り変わりを見るにはもってこいの場所。三角西港とセットでまわってみませんか。写真好きな方には特におすすめの場所です。

■松合白壁土蔵
住所:熊本県宇城市不知火町松合141(ビジターセンターの住所)
電話: 0964-42-3550(ビジターセンター電話番号)
アクセス:バス 三角駅前 産交バス「三角産交」~松橋産交行き和田「松合」下車
車 三角駅~約25分 松橋IC~約30分
地図:クリックするとGoogleマップが開きます

天草野・黒猫

天草野・黒猫

天草生まれ。美味しい物、きれいな物。歴史にかかわるものが大好きです。天草のまだ知られていない魅力をお伝えします。

お問い合わせ

風光明媚な天草に、天空に浮かぶテラス・露天風呂の宿。天空の船の本サイトは「天空の船のサイトを見る」よりご覧ください。

各種お問合せは以下のフォーム又は、お電話にてお願いいたします。
ホテルに関するご質問等ございましたら「お問い合わせ」からお気軽にご連絡ください。

天空の船サイトはこちら

会社情報

人気記事

カテゴリ一覧