天草を満喫するためコレだけは知っておきたい事

◆天草の観光&グルメ&レジャー情報◆
天草の楽しいとこ、美味しいとこ、素敵なとこ、まとめて紹介!!
天草に行ったら、絶対行っておきたいスポット、見ておきたい絶景、食べなきゃ損する絶品グルメ。
最新イベントもお知らせします!!

catch-img

注目!道の駅「さんぱーる」特産物モニュメント

上天草大矢野町にある、道の駅「さんぱーる」。ここは、特に天草の海の特産物が充実している道の駅です。ぶくぶく泡をふき活きの良い「ワタリガニ」。珍しい「黄金のハモ」に「ヒオウギ貝」まで。2019年に特産物モニュメントも登場! 楽しい物産館ですよ。

道の駅 さんぱーる

「さんぱーる」には美味しいが集う

道の駅、上天草「さんぱーる」。ここは、観光客だけでなく地元の人もよく買い物にに来る物産館。この物産館で特にお勧めなのが、海産物です。すぐ横に有明海が広がり、海にも近い「さんぱーる」は天草の特産品の魚介類が、新鮮な状態でお買い物できます。

じゃーん! 私が「ワタリガニ」です

そんな道の駅「さんぱーる」に、2019年春に特産品のモニュメントが登場しました。これがなかなかリアル。その上、可愛さを備えていて写真映えします。道の駅に車を止めたら、注目です。観光の人々が一緒に写真をとっている姿もよくみかけるんですよ。この写真は天草の特産品ワタリガニ!

季節になると活きのいい本物が!

道の駅「さんぱーる」正面向かって左手には、新鮮な魚介類が販売されています。季節になると、モニュメントのワタリガニも販売されます。 発泡スチロールのトレイ上でも、まだ元気にぶくぶくと泡をふく新鮮なワタリガニ。岩場の多い天草の海を、文字通り渡り歩いたカニの身はしまっていて濃厚。ゆでると鮮やかな赤い色になります。

こんにちはー「黄金のはも」です!

国道266号線沿い、目立つ場所にあるのが「黄金のはも」です。非常に栄養価が高く、コラーゲンの含有量がうなぎよりも多い、このはも。関西の市場でも高い評価をうけている「黄金のはも」は、名前どおり黄金色に輝く姿なんです。では、実際にみてみましょう!

「黄金のはも」もまるっと販売

季節になると、この「黄金のはも」もまるっと販売されています。確かに、黄金色の姿。モニュメントのそっくりな表情。各モニュメントには旬の時期も記載されているので、購入の目安になります。

俺様が「天草大王だー!」

天草四郎ミュージアムを見据えるように立っているのが「天草大王」です。国内最大級の肉食鶏で、昭和の初めに絶滅した品種を、復元。2004年に地鶏として認定を受けています。

弾力がある肉質で深みのある味。この天草大王を使ったムネのタタキや、炭火焼、手羽先なども購入できます。

ぶりっと肉厚! セクシー「車海老」

天草では「車海老」の養殖がさかんです。養殖とはいえ、天草の海の恵みをたっぷり受けて育つ「車海老」はぶりっとしていて肉厚。この歯ごたえがたまりません。お酒のおつまみにも最高です。

ヒオウギ貝に有明のタコも!

天草の海の特産品がそろう道の駅「さんぱーる」。もちろん珍しい「ヒオウギガイ」も販売されています。食べた後は、鮮やかな貝殻を飾りにする人も多いこの貝。バター焼きでしょうゆをちょっとたらしていかがですか? 有明海のタコも身がしまっていておすすめです。

まとめ

道の駅、上天草「さんぱーる」は天草の中でも特に特色ある海産物がそろっている物産館です。冬に運がよければ湯島大根も手に入る道の駅「さんぱーる」。お土産の購入に、自宅で名物を味わうために立ち寄ってみませんか。

■道の駅 下天草「さんぱーる」
住所:上天草市大矢野町中11582番地24
電話:0964-58-5600
営業時間:物産館 8:00~18:00、レストラン 9:00~18:00

定休日:不定休
アクセス:・産交バス 熊本交通センター~本渡行き快速「あまくさ号」約1時間20分、三角駅入口~さんぱーる行「さんぱーる」下車 約21分 
・車 熊本駅~約1時間10分、九州自動車道松橋IC~約55分、三角駅~約15分
地図:クリックするとgoogleマップが開きます


天草野・黒猫

天草野・黒猫

天草生まれ。美味しい物、きれいな物。歴史にかかわるものが大好きです。天草のまだ知られていない魅力をお伝えします。

お問い合わせ

風光明媚な天草に、天空に浮かぶテラス・露天風呂の宿。天空の船の本サイトは「天空の船のサイトを見る」よりご覧ください。

各種お問合せは以下のフォーム又は、お電話にてお願いいたします。
ホテルに関するご質問等ございましたら「お問い合わせ」からお気軽にご連絡ください。