天草を満喫するためコレだけは知っておきたい事

◆天草の観光&グルメ&レジャー情報◆
天草の楽しいとこ、美味しいとこ、素敵なとこ、まとめて紹介!!
天草に行ったら、絶対行っておきたいスポット、見ておきたい絶景、食べなきゃ損する絶品グルメ。
最新イベントもお知らせします!!

catch-img

三角西港で軽くランチ!天草八郎がおもしろい

石積みの美しい港が残る三角西港は、2015年に世界遺産登録されている港でもあります。観光地のわりに、食事ができるお店は少なめ。そんな港の国道沿いにおもしろいお店があるんですよ。軽くランチができる「天草八郎」。自由な発想のお店をのぞいてみませんか。

天草八郎

三角西港で軽く食事をしたい時に!

2015年に「明治日本の産業革命遺産」の構成資産として世界遺産登録された三角西港。美しい石積みの埠頭が印象的で明治20年に作られた港です。海を眺めつつのカフェもありますが、意外と食事をする場所が少ない三角西港。そんな中で、国道沿いにある、「タコ焼」ののぼりはためく、ちょっとおもしろいお店が「天草八郎」です。

天草タコグ?珍しいメニューが!

のぼりだけでタコ焼きのお店?と思って入ると驚きがあります。気さくな店長さんにメニューを訪ねると、ショーケースに並んでいるとのこと。え?ホットドックにタコ焼き?え?うどんにもタコ焼き乗ってる?恵比寿様も思わず笑い出す、自由度の高いほがらかメニューがそろうお店です。

天草の夕陽をイメージ 天草うどん

「天草八郎」には、このお店でしか出会う事ができないメニューがあります。特に一度は食べてみたいのが「天草うどん」。え?どこが天草かって…それは、この器の中で天草を表現しているため。たこ焼きで天草の上島、下島。ワカメの海原に卵の夕陽が沈んでいるようにみえませんか。ゴマもたっぷり入って、健康の事も考えられたメニューであることがわかります。

明るい店主さんと楽しい時間

うどんの大量のゴマからも解るように、「天草八郎」は健康的なものがたくさんあります。店長さんおすすめの熊本工場直送のピーナツっや煎り大豆。店内には思わず笑顔になるような古美術や置物がずらり。店内の絵はオランダのモンドリアン 100年祭記念コンクールに入賞したピピ・ヤマモトさんの絵。ちょっとおもしろい空間です。

たこ焼きは"きなこ”をかけて!

タコ焼きも一工夫があります。大きめのタコ焼きに、なんと"きなこ”をつけていただくというもの。この"きなこ”も店長さん手作り!少し甘目の"きなこ”はタコ焼きと不思議とあうのです。初めて出会うこのお味。他にはないタコ焼きを試してみませんか!もちろん持ち帰りもOKです。

まとめ

三角西港の「天草八郎」いかがでしたか。中に入ってびっくり!思わず笑顔さそう自由な発想と、明るい雰囲気にマッチしたおもしろい食べ物。また「天草八郎」は天草近郊のアンテナステーションとして、地図や情報がいただける場所でもあります。お店を出る時には笑顔になれますよ!

■天草八郎
住所:宇城市三角町三角浦1248-4
営業時間:10:00~17:00
休日:不定休 
駐車場:お店の前にあり
アクセス:バス 三角駅前 三角産交~三角西港 約10分 熊本駅~快速あまくさ号で三角西港下車 約1時間
車 熊本駅、松橋ICから約50分
地図:クリックするとGoogleマップが開きます

天草野・黒猫

天草野・黒猫

天草生まれ。美味しい物、きれいな物。歴史にかかわるものが大好きです。天草のまだ知られていない魅力をお伝えします。

お問い合わせ

風光明媚な天草に、天空に浮かぶテラス・露天風呂の宿。天空の船の本サイトは「天空の船のサイトを見る」よりご覧ください。

各種お問合せは以下のフォーム又は、お電話にてお願いいたします。
ホテルに関するご質問等ございましたら「お問い合わせ」からお気軽にご連絡ください。